ディクシットにお邪魔もの、そしてインガ

2014-04-03 00:44:54
 新たなハウスメンバーを迎えたモンハウスですが、今日は新しく入荷したディクシットに挑戦!このゲーム、私は別の場所でやった事があるのですが、他のメンバーは全員初めてでした。

 シュールで幻想的な絵カードがとても魅力的なゲームです。順番に語り部役になり、手札から絵カードを選んで、皆にお題を出します。それに対し、他のプレイヤーも手札からカードを選び、全員分揃ったら、カードを混ぜて、番号を付けて並べます。そしてその中から語り部の出したカードを当てるのです。
 面白いのは点数の付け方。語り部は、全員に当てられてしまったり、全員に外されてしまった際には、点数をもらうことができません。当てた人と外した人が出た場合に限り、語り部と当てた人が3点もらえます。
 なので、抽象的に、微妙なニュアンスで伝えることが語り部には求められます。
 更に、語り部以外のプレイヤーは自分のカードに投票してもらった際に1点もらうことができます。ですので紛らわしいカードが集まり、ゲームを面白くします。
 
 30点、先に取ったプレイヤーの勝ち!なゲームですが、このゲーム、勝ち負けは2の次だと思います。一回一回の過程がとても面白い。ハラワタがよじれるくらい笑えるネタが2つ3つ、毎回拾える面白さがあります。他の人の発想って面白いですよね。

 今日のお題で面白かったのは「たすけて~」「出れるかな」「俺」かな。カードの内容を知っていた私は「アンモナイト」も聞いた途端に大爆笑でしたが。文章では伝わりませんが、思い出しただけでも笑いが漏れてしまいます。

 その後は「お邪魔もの」「お邪魔もの2」をやり、一度お開きになって人数が減った所で、男子4人で「インガ」をやりました。「インガ」無名ですが。これ超面白いです。完全に男性向けですが。
お邪魔もの [/caption]
 今度は何のゲームをしようかな~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA